2010年01月17日

Google

Google(グーグル)が中国市場からの撤退を検討しているらしいですが、このことにより中国の広告代理店・検索エンジン最適化(SEO)関連業種を中心に5万人が失業、20万人以上の個人がネットビジネスのルートを絶たれ、100万社以上の企業のインターネットでのプロモーションに影響し、1億人以上のネットユーザーが“正常”に情報を検索できなくなるとの事です。
このグーグルの撤退騒動については、ビジネス的な問題ではなく、社会的・政治的な問題で、中国は国際社会からの批判を免れないとの事です。
posted by kkino at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ(blog)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。