2009年03月29日

Google Services for Websites Access Provider Program

米国Googleの公式Blogの記事によると、米国Googleは、「Google Services for Websites Access Provider Program」を開始したそうです。
このGoogle Services for Websites Access Provider Programプログラムで、接続サービスプロバイダはサイト所有者に、カスタム検索エンジン「Custom Search」あるいは「Google Site Search」、AdSense、サイト管理者向けツール「Webmaster Tools」機能を提供できるようになるとのことです。
日本のブログやアフィリエイトにどのような影響があるのでしょうか?
posted by kkino at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116388748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。